• Atsuko Hayashi

マーマレード伊豆


今年も橙のマーマレードのシーズンが巡ってきました。

伊豆の橙で作ったマーマレードなので、名前も伊豆。

いろいろな産地の橙で同じようにマーマレードを作ってみたのですが、橙によってマーマレードの味わいが異なっていたのです。

私が一番好きな味わいの橙が伊豆のものでした。

橙はビターオレンジの一つ、イギリスでマーマレードを作るセヴィルオレンジのグループに入りますが、しかし味や香りは違うのですよ。

セヴィルオレンジ=橙 とは言えないな。

イギリスに滞在中、セヴィルオレンジでマーマレードを作りましたが、橙とは皮の食感、香り、味わいが微妙に違います。実の大きさも違います。

これは作った人しかわからない感覚ではないかと思います。

しかし私はこのマーマレード伊豆が大好きです。

苦み、甘み、酸味が調和したイギリスのトラディショナルなマーマレードの味わいに近いです。

2016年イギリスのダルメインのマーマレードアワードでゴールドを受賞した際、「セヴィルに似た味わい」とコメントがありました。

去年の10月、伊豆の橙と甘夏を毎年いただいている生産者の方のところへ、柑橘の木を見に行きました。

これは橙の木。無農薬で作っているので、クモもたくさんいますよ。

10月の橙だから、まだ青くて硬い。。。

橙色のこの写真は2月興津の柑橘試験場の橙の写真。1月から2月になると橙色に変わってきます。

甘夏も緑色から1月になると黄色に変わってきます。

去年10月は、木頭ゆずの産地、徳島県にも行きました。

柚子の産地は寒かった。しかしおいしい柚子になるには、寒さも必要。

伊豆はあたたかくて、柑橘の栽培に適したところだと思いました。

いたる所にみかんがたくさんなっているのです。

徳島の木頭ゆず、伊豆、温かさは違いますが、柑橘の木の下にはお茶の木が自生していました。

照葉樹林帯なんですね。

そんな伊豆の橙をいただいて、私がマーマレードを作るのは1日作業。朝8時から夜8時までの12時間。作るのは大変だけど私はマーマレード伊豆が大好きです。

#マーマレード #Englishkitchen #橙

0回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook

​Copyright © 2020EnglishKitchen®