マーマレードの季節


今のシーズン、イギリスの家庭では、スペインから輸入されたセヴィルオレンジでマーマレードを作ります。

日本の橙と近い品種とは言われますが、みかけは似ていますが、果皮の香りが違います。

セヴィルオレンジの方が皮にオレンジの香りがあり、心ウキウキするような香りがします。

写真のベルガモット、果皮も苦いのですが、香りが抜群に良く、日本の柑橘類にないエキゾチックな香りです。

やはりこちらも、ウキウキする香りです。

紅茶にベルガモットの香りをつけたものが、アールグレイティー。

紅茶と柑橘類、インドのアッサムや中国の雲南周辺が故郷で、それが世界に広がって行きました。

お茶と柑橘類の生育環境は似ているのでしょう。

マーマレードに絡めて、そんな話をティーインストラクターの集まりでする予定です。

(私もティーインストラクターなのです)



  • Instagram
  • Facebook