​Copyright © 2017 EnglishKitchen®

 EnglishKitchen®の商品

​マーマレード

​マーマレード伊豆  販売 2月上旬~

​伊豆の橙を使ったマーマレード。

橙はお正月の飾りに使われるとても縁起がよい柑橘ですが、イギリスでマーマレードに使うセヴィルオレンジと同じビターオレンジと同じ仲間になります。

無農薬のこの橙はずっしりと重く、果皮の味わいがとても複雑です。

ダルメインのマーマレードアワードで2015年ホームメイド部門と2016年アーティザン部門でゴールド受賞。2019年シルバー受賞。

一番のおすすめは?と聞かれたら、私は迷わずこれを。

​甘夏シリーズ

Amanatsu Bitter 甘夏ビター 

販売 5月下旬~

​橙と同じ果樹園の無農薬の甘夏で作ったマーマレード。甘夏のほろ苦さは橙とはまた違ったおいしさです。国産の無農薬のレモンが甘夏のおいしさを引き出します。

甘夏は春先から食べる事が出来ますが、月毎に味わいが違うのはご存知ですか?

​マーマレードのおいしさは何といっても果皮のおいしさ。私が甘夏シリーズを作る時は果皮が太って充実した時期に作ります。

Amanatsu Tomato Chilli 甘夏・トマト チリ 

販売 5月下旬~

​チリとトマトが入った、ちょっと変わったマーマレード。でもピリッとした味わいが癖になりますよ。ショウガもおいしさを引き立たせます。これはチーズとあわせたいなぁ。

​ちょっと熟成したチェダーにあわせて、マーマレードの新たなおいしさですよ。

Amanatsu Ume 甘夏・梅 販売 

6月下旬~

​甘夏に梅を合わせたマーマレード。いつもはレモンで酸味をつけますが、さすが梅です。レモンをいれなくても梅の酸味だけで十分。これは体にもお腹にも優しい、なにしろ梅の力は偉大です。ちなみに梅は大分県にいる私の伯父が無農薬で作ったもの。他の甘夏シリーズよりは、やや大人の味わいです。

Amanatsu Brackcurrant 甘夏・ブラックカラント

販売 5月下旬~

​英語でブラックカラント、カシスの事です。軽井沢のカシスを使って、ちょっとベリー感のあるマーマレードを作ろうと思いました。生のカシスはちょっと複雑でコクがある味わい。出来上がった時はとても赤い色がキレイですよ。これが少しずつダークな色合いに変わってきます。子供にも人気があるマーマレードです。

Amanatsu with Ginger 甘夏ジンジャー 

販売 5月下旬~

​甘夏にショウガをいれたマーマレード。イギリスでも生姜が入ったものを見ますが、甘夏にも生姜がよくあいます。このままパンにつけてはもちろん、お湯や炭酸水にいれて、

ジュースのようにしていただくのもおいしい。残ったピールも召し上がってくださいね。

ピールにもしっかりとした味わいが残り、これもおいしいのです。

​柚子シリーズ

Kaino Yuzu カイノユズ 

販売 12月~

​徳島県の海野系の柚子、無農薬で柚子を生産している一軒の生産者から柚子は分けていただいています。そこでネーミングもKainoYuzu。柚子の酸味、香り、皮のバランスが取れたキリっとした味わいマーマレードです。

Yuzu & Rhubarb ユズ&ルバーブ 

販売 12月~

柚子は同じ生産者の方のものをすべて使います。そこに無農薬のルバーブをいれて、そこにコアントローを入れました。ルバーブは茎の中まで赤い品種なので、このマーマレードも出来上がった時は、ほんのり赤い色。リキュールもはいっているので、ちょっと夢見がちな味わいです。

Yuzu Daidai 柚子橙 

販売 12月下旬~

柚子に橙の味わいを入れたKainoYuzuのマーマレードよりは柔らかな酸味と味わい。

これはとてもおいしいのですよ。私がアマチュアでもう一つゴールドをいただいたのが

この柚子橙。KainoYuzuはきりっとした、そしてこちらは柔らかな味わいです。

Yuzu Tomato 柚子・トマト 

販売 11月~

KainoYuzuマーマレードにトマトと生姜、唐辛子、そしてクミン。

唐辛子とクミンが入っているので、ちょっと辛くてスパイシー。クミンはカレー粉の中に入っているエスニックなスパイスです。

柚子にトマトが入る事により、和風な柚子が陽気な味わいに変わります。

チーズとの相性もよい、セイボリーマーマレード。パンにはさむだけでもとてもおいしいマーマレードです。

 

Yuzu & Umeshu  柚子&梅酒 

販売 12月~

柚子に梅酒を入れるとどんな味わいだろう?と思い作ったマーマレード。もちろん梅酒も手作りです。柚子に梅、ありそうでなかった組み合わせです。