ブラムリーアップルのチャツネ

ブラムリーアップルで作ったチャツネができました。 ブラムリーはイギリスのクッキングアップル、とても酸っぱい味わいで、主に料理やお菓子に使うリンゴです。 今年は8月山梨の友人からのブラムリーと9月北海道から送っていただいたブラムリーを使いました。 写真のブラムリーは山梨の友人のもの。今年は猛暑のせいか、ブラムリーを出荷できるのがとても早く、お盆前にいただきました。びっくりです。 チャツネ、イギリスの保存食の一つ、ヴィネガーと砂糖、フルーツ、スパイスを入れてじっくり煮込んで作ります。 保存食ですからかなり保存もききます。通常チャツネは作って数か月寝かせておいていただくもの。 出来上がってすぐはまだ酢の味がきつく、寝かせておくと、味のバランスがとれてきます。 こんな酸っぱいリンゴで作りますから、出来上がったチャツネもやや酸っぱいです。 しかし、これをポークのソテーやハム、ベーコン、チーズにソースのようにつけて食べると、とても美味しいものです。 チャツネはカレーにと言われますが、もちろんおいしいのですよ。しかし長時間煮て丁寧に作ったチャツネであれば、やはりベーコンなどにつけて召し上がっていただくのが一番おいしいような気がします。 ギトギト脂のベーコンやローストポークでも、チャツネをつけると「あら、不思議」。。。とてもさっぱりとした味わいになります。 日本ではあまりなじみがない、チャツネ、一度食べていただきたなぁ。 9月30日(日)に青山ファーマーズマーケットにEnglishKitchenとして出店します。10時から4時まで そこではブラムリーアップルのチャツとジャムも販売します。 どん

日本橋三越の英国展 終了しました

日本橋三越での英国展にて お立ち寄りいたただき、ご試食していただいたり、お話ししたり、そしてお買い上げいただきましたお客様、ありがとうございました。 遠くは大分から、また通販でお買い上げいただいたお客様がご来店くださったり。 そして私の代わりに販売をしてくださったスタッフの皆様。 心からお礼申し上げます。 ありがとうございます。 またお目にかかることを楽しみにしています! 自分が作ったマーマレードを「おいしい」とおっしゃってくださる嬉しさ、本当に自分は幸せ者だと感じた三越英国展でした。 これは北野佐久子先生から撮っていただいた写真、オレンジのエプロンは販売スタッフ、友人で 英国陶磁器研究家の先生。周りはみんな英国好きの方ばかり。

最新記事
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Instagram
  • Facebook

​Copyright © 2020EnglishKitchen®